HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

教養講座-歴史編-
華麗なる昭和~恩賜講堂とその時代~(全5回)
③象徴天皇制とは何か?~昭和と平成の違い~

教養講座-芸術編-

ここ南河内では、明治から昭和にかけて多くの鉄道路線が開通しました。昭和3年に京都で行われた昭和天皇即位の礼で使われた饗宴場の一部がその鉄道を利用して地元の人々の協力によって観心寺に運び込まれました。今回は、その昭和の時代にフォーカスをあて、昭和天皇即位の礼をはじめとする関連講座をシリーズでお届けします。

第3回【象徴天皇制とは何か?~昭和と平成の違い~】
2016年に退位をめぐる動きが始まり、象徴天皇制に関する論議も様々なされるようになってきました。私たちは象徴天皇制にどんなイメージを持っているでしょうか?そこには、昭和と平成ではやや変化があるようです。その仕事の内容の違い、大阪をはじめとする関西地方へのそれぞれの天皇の訪問も例にしながら、昭和と平成の象徴天皇制の違いを考えてみたいと思います。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 河西 秀哉(神戸女学院大学文学部 准教授)
2000年 名古屋大学文学部人文学専攻 卒業
2005年 京都大学大学文書館 助手
2008年 名古屋大学大学院文学研究科 博士課程後期 修了
2011年 京都大学大学文書館 助教
2011年 神戸女学院大学文学部専任講師
2014年 神戸女学院大学文学部准教授 博士(歴史学)

【専門分野】
  象徴天皇制

【主な著書】
「明仁天皇と戦後日本」など
場所 キックス3階 大会議室
日時 2018年2月22日(木) 14:00~15:30
定員 100名
料金 500円
申込 終了いたしました。
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■2018/1/31(水)「1928年の明治維新60年記念と昭和大礼」  詳細はこちら>>
■2018/2/14(水)「近代即位儀礼の装束」  詳細はこちら>>
■2018/2/28(水)「関西の鉄道と社寺参詣~娯楽とナショナリズムの交錯~」  詳細はこちら>>
■2018/3/8(木)「恩賜講堂と楠公顕彰」  詳細はこちら>>
関連展示 1月4日(木)~1月30日(火)まで、図書館2F展示スペースにて関連図書を展示しておりますので併せてご高覧ください。また、1月31日(水)の講座終了後には関連図書の出前貸出を会場で行いますのでこちらもご利用ください。
(貸出希望の方は、河内長野市立図書館の利用者カードが必要です。)
【協力】河内長野市立図書館(第1火曜日・第2月曜日は休館日  休館日についてはこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る