HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

大学連携講座-桃山学院大学編-
転ばぬ先の・・・生きた法律講座PartⅡ(全4回)
④相続と法

桃山学院大学連携講座

日常生活のあらゆる問題のウラに、実は色々な「法律」が控えています。避けられるならば、事件も事故も避けた方が良いのは当然です。避けられなかったとしても、知っているからこそ取れる手段もあります。消費者・生活者として生きる私たちにとって、盾となり矛となるのが法律知識です。必要な知識を身に付け、自分のために家族のために社会を「視る」目を養い、ウラに潜む問題を読み取り、自分がその立場に置かれたときにどのような行動を取れるか、取るべきなのかを考えてみましょう。私たちが、賢い消費生活者になるためのお手伝いをします。

第4回目【相続と法】
人は、生前に死後の自分の財産の承継等について、書き残しておくことができます。これが、遺言です。遺言がない場合に、法定相続によって財産等は承継されることになります。この回では、遺言相続と法定相続について解説します。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 桃山学院大学 法学部准教授 花元 彩

関西大学法学研究科博士後期課程単位修得満期退学。
2013年4月から桃山学院大学法学部准教授。

【主な論文】
 「面接交渉の間接強制」
 「父母離婚後の共同監護-アメリカにおける展開を中心として-『家事事件の現況と課題』
 「離婚の訴えにおける子の監護費用の支払を求める附帯申立てに関する一考察」
 「生殖補助医療におけるドナーの法的地位についての一考察 Jason P. v. Danielle S. 事件をめぐって」(単著)
 「マロッタ事件 ドナーはいかなる場合に扶養義務を負うのか?」(単著)  等

【所属学会】
  日本私法学会 日本家族<社会と法>学会、比較法学会

場所 キックス3階 大会議室
日時 2017年7月14日(金) 10:00~11:30
定員 100名
料金 500円
申込 終了いたしました
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■6/23(金)「生殖補助医療と法律上の親子関係」  詳細はこちら>>
■6/30(金)「自分以外の行為による損害賠償責任」  詳細はこちら>>
■7/6(木)「犯罪と法」  詳細はこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る