HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

大学連携講座-大阪大谷大学編-
知って得する!
「くすり」の活用と病気との関わり方講座(全4回)
②病気とくすり(1)生活習慣病と薬物療法

大谷大学連携講座

現在の豊かな長寿社会を維持するためには、各自が健康管理に努め、健やかな生活を営むことが求められます。このため、良質な栄養と運動によって生活習慣を改善し、軽い病は自分で手当てする、いわゆる「セルフメディケーション」が近年注目されています。
この講座で「病気」と「くすり」についての正しい知識や使い方、賢い薬局の利用術を学んでみませんか?

第2回目【病気とくすり(1)生活習慣病と薬物療法】
今回の講座では、高血圧・糖尿病・脂質異常症について疾患概念・治療法などについて概説します。この3つの疾患はいずれも血管の老化を引き起こすもので、初めは自覚症状に乏しい「バーチャルな病気」ですが、血管の老化に伴う症状が出ると重篤なものとなります。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 大阪大谷大学 分子生物学講座 教授 冨田 晃司

大阪大学医学部卒。医学博士。糖尿病専門医および内分泌専門医。同付属病院研修医、箕面市立病院内科、兵庫県立西宮病院内科、大阪府立成人病センター臨床検査科を経て、現職にいたる。大阪大谷大学薬学部長。

【主な研究テーマ】
 糖尿病の成因と病態の解明

【所属学会】
 日本糖尿病学会、日本内分泌学会

場所 キックス3階 大会議室
日時 2016年12月14日(水) 14:00~15:30
定員 100名
料金 500円
申込 終了いたしました。
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■11/23(水・祝)意外と知らない?「くすり」に関する基礎知識  詳細はこちら>>
■2017/2/7(火)病気とくすり(2)ここまで進んだ「認知症のくすり」  詳細はこちら>>
■2017/2/28(火)「セルフメディケーション」-知っておきたい正しい薬の使い方-  詳細はこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る