HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

大学連携講座-桃山学院大学編-
文学作品にみる世界の思想(全4回)
日本文学より-『源氏物語』における「もののあはれ」-

桃山学院大学連携講座

我が国を含む世界の国々の文学作品の登場人物の性格や習慣を通して、人類の多様性について考え、相互理解・相互尊重がより深まっていく喜びを一緒に体験しませんか?
※多様性(相違点)「幅広く性質の異なるものが存在すること」

第4回目【日本文学より-『源氏物語』における「もののあはれ」-】
本居宣長は『源氏物語』には「もののあはれ」が描かれているのだといいます。「もののあはれ」とは何か。日本人の心の奥底を強く推し動かす情動、喜怒哀楽そのものでありますが、さて、それはどのような場面で、どのように描かれるのでしょうか。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 桃山学院大学 国際教養学部 英語・国際文化学科 教授 梅山 秀幸

京都大学文学研究科博士後期課程単位取得満期退学
1997~1998、2015~2016、コレージュ・ド・フランス研究員
専攻は日本文学 比較文学

【主な著書】
 『かぐや姫の光と影』・『後宮の物語』

【主な訳書】
 『於于野談』・『太平閑話滑稽伝』・『櫟翁稗説・筆苑雑記』・『慵斎叢話』など

場所 キックス3階 大会議室
日時 2016年12月13日(火) 14:00~15:30
定員 100名
料金 500円
申込 終了いたしました。
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■10/25(火)ロシア文学より-ドストエフスキー『悪霊』にみる思想のカーニバル-  詳細はこちら>>
■11/9(水)アメリカ文学より-アメリカ文学とピューリタニズム-  詳細はこちら>>
■11/17(木)イギリス・アイルランド文学より-ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通じて-  詳細はこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る