HOME > イベント詳細

  • イベント詳細
  • イベントカレンダー

大学連携講座-桃山学院大学編-
文学作品にみる世界の思想(全4回)
イギリス・アイルランド文学より
-ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通じて-

桃山学院大学連携講座

我が国を含む世界の国々の文学作品の登場人物の性格や習慣を通して、人類の多様性について考え、相互理解・相互尊重がより深まっていく喜びを一緒に体験しませんか?
※多様性(相違点)「幅広く性質の異なるものが存在すること」

第3回目【イギリス・アイルランド文学より-ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を通じて-】
作家で日本紹介者としても知られるラフカディオ・ハーンを通じて明治における西洋人の日本理解を学びます。ハーンはアイルランドで育ち、マルティニーク島へ渡り、その後日本の出雲へ来ました。これらの三カ所には共通した象徴性がありますが、それは何であったのでしょうか。明治23年に来日後、明治37年に逝去するまで、日本を愛し続けました。彼以前の西洋のオリエントに対する関心とも関連させながらハーンの日本理解を考えてみます。

くろまろ塾 本部講座 4単位
講師 桃山学院大学 国際教養学部 英語・国際文化学科 教授 日下 隆平

上智大学大学院文学研究科博士前期課程修了(文学修士) 19世紀末イギリス、アイルランド文学、東西文化交流史などを対象に研究。

【主な著書】
 『イェイツとその周辺』単著(大学教育出版)
 『肖像画家の回想』監訳(大学教育出版)
 『現代演劇の展望』共著(桃山学院大学研究叢書)
 『文学における差別』共著(桃山学院大学研究叢書)等。

場所 キックス3階 大会議室
日時 2016年11月17日(木) 14:00~15:30
定員 100名
料金 500円
申込 終了いたしました。
備考 他の講座の情報は下記をご覧ください。
■10/25(火)ロシア文学より-ドストエフスキー『悪霊』にみる思想のカーニバル-  詳細はこちら>>
■11/9(水)アメリカ文学より-アメリカ文学とピューリタニズム-  詳細はこちら>>
■12/13(火)日本文学より-『源氏物語』における「もののあはれ」-  詳細はこちら>>
主催者 くろまろ塾事務局(公益財団法人 河内長野市文化振興財団)
お問い合わせ 電話:0721-54-0001/お問合せフォーム こちら>>

ページ先頭へ戻る