HOME > ブログ

ブログ

くろまろ塾運営ボランティア

「法律講座PartⅡ」受講してきました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年07月06日 10:45 |

皆さん、こんにちは!くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
6月30日開催の桃山学院大学法学部の田中志津子教授の講座を受講してきました。
今回のテーマは、「自分以外の行為による損害賠償責任」です。
認知症の家族が他人に損害を与えてしまったら、その家族はどうなるのでしょうか?


今回取り上げられたのは、皆さんも記憶があるかもしれない、愛知県で起きた認知症で85歳の男性が鉄道の線路内に迷い込んで列車に衝突し事故が発生した件です。
ダイヤが乱れた等として鉄道会社から家族に監督義務者として720万円の損害賠償を求められた事例でした。はたして、本人に責任を問えない認知症の老人が他人に損害を与えてしまった場合、その家族はどこまで責任を問われてしまうのでしょうか?不安になりますよね。
老人と同居の妻、別居の息子、介護補助のため老人の近所に引っ越してきた息子の妻。この状況は、身近にもよくありそうなパターンではないでしょうか。今回取り上げた判例では、高裁では家族に責任あり、最高裁(最三小判H.28.3.1民集40.3.681)では家族に法定の監督義務者としての責任はなしとの結論になるのですが、状況や常況が異なれば違った判決がでるかも知れません。

法律講座は内容自身が難しかったためか、受講者の感想として、
『専門用語が多すぎて理解しにくい所もあった』
『興味のあるテーマなので、もう少し法律的な意義を分り易く話してもらいたかった』
などの感想もありましたが、多くの人からは、
『聞き易かった』
『不明確な点がわかった』
『具体的に楽しい話し方で良かった』
『実態をしっかり捉えて下さったので、難しい内容もしっかりとわかりました』
『具体的に明記されたプリントがあり、大変ややこしい事柄が理解し易かった。とても内容の濃い難しい問題ですが、身近な問題だと思いました』
など、わかり易かったとの感想が大半でした。

また、先生のジェスチャー交じりの軽妙な語り口に、ついついお話に引き込まれてしまった受講者も多かったようです。
『おもしろおかしくユーモアを入れての講義で退屈しなかった』
『具体的な1つの事例を掘り下げて教えて下さったので、大変分り易かったです。先生の話し方もジェスチャーとか当事者のおじいさんのモノマネとかして下さり、難しい内容、法律用語も含まれていましたがわかり易かったです。ありがとうございます』
との感想もありました。

さらに、今回は1判例を深堀して解説いただいた内容になりましたので、アンケートでは
『もっと多くの事例で法律との関係を知りたかった』
『わかり易いお話でした。又、田中先生の講座があれば参加したいと思います。交通事故などの話しを聞きたいと思います』
などの、次回に期待を寄せる意見も多くありました。


今回は、医学用語で「認知症」「アルツハイマー」「見当識障害」「せん妄」、法律用語で「成年後見人」「監督義務者」などの用語やその制度の知識にも触れられ、受講生も大変勉強になったのではないでしょうか。
田中先生有難うございました。m(__)m


最後に、くろまろ塾運営ボランティアの写真もご覧ください。
仲間が受付対応で頑張っています。
くろまろ塾運営ボランティアは、空いた時間に無理なく活動を続けれる事ができます。
もし、ボランティアを始めてみようかなと考えられている方は、お気軽にお問合せくださいね。(^^)/

今年も「法律講座」が始まりました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年06月30日 09:00 |


6月23日(金)、大学連携講座-桃山学院大学編「転ばぬ先の…生きた法律講座PartⅡ」が始まりました。
法律知識は、自分がその立場に置かれた時に、知っていると知らないでは大きな差になってしまいます。
次回以降の講座では、「認知症家族が他人に損害を与えた場合」、「インターネット犯罪・空き巣や放火」、「遺言相続と法定相続」が取り上げられています。気になるテーマがあったら、あなたも参加されては如何でしょうか?

さて、今回のテーマは、「生殖補助医療と法律上の親子関係」でした。
生殖補助医療技術の現状を伺うと同時に、主な裁判例として、
①非配偶者間の父子関係、②死後受精の場合の父子関係、③代理出産(国内、海外事情)などを解説頂きました。
皆さんは、日本では、実の父親の精子を凍結保存してあった場合であっても、父親の死後に人工授精で生まれてきた子は、死後の父親との親子関係は認められないことをご存知でしたか?
また、海外で代理母に自分たちの子どもを産んでもらった場合でも、日本では分娩主義をとっているため、実の母子関係と認められないと云う事をご存知でしたか?

もし、これらの判断がぶれれば権利関係が大きく左右される場合が起こりますね。
さらに気になるのは、そうして生まれてきた子どもたちの気持ちはどうなのでしょうか?
実は日本で人工授精が始まったのは、慶応大学で、昭和24年に誕生したのが始まりだそうです。
そうした子どもたちが、もう立派な大人になって私たちの身近にいるかも知れませんね。


今回の講師の永水裕子先生は、民法と医事法の専門家で『子どもの医療と生命倫理』など本も多数執筆されています。都合で受講できなかった方や詳しく知りたいと思われた方は、著書を読んで見られるのも一方かと思います。
この日は、永水先生が各事例を流れるように丁寧に説明してくださり、受講者も聞き入っていました。
受講後の感想では、自分自身では遭遇しないケースも多かった事もあり、内容は難しかったねとの感想も聞かれましたが、やさしくかみ砕いた説明を頂けたので、受講後のアンケートでは、よく理解できたとの感想が多くありました。
ここで、いくつか受講者の生の声を紹介します。
「知らない世界を知れてよかったです。」
「思ったよりわかりやすく話して頂けたのが良かった。」
「先生の話がとてもわかりやすかったです。裁判所の役割もわかりました。ありがとうございました。」
「難しい問題ですが、よくわかる説明で、理解少しですが出来たと思います。」
「AIDに関する最高裁H25.12.10決定、最高裁でもこのような決定をするのですね。いいですね。」
「生殖医療の法律問題の問題点について考えるきっかけになった。」
「生殖医療に対して、法律が追いついていない気がした。」
「技術が先行して、今までにない父親は誰、母親は誰、という問題が出てきた。法律が追いついていない。議論が必要と思った」
「淡々と話されて、少し難しかった。スライドで説明して欲しかった。」

以上、くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡が担当いたしました。

今回の講座でも「くろまろ塾運営ボランティア」受付担当のスタッフがサポートいたしました。


くろまろ塾運営ボランティアに興味をお持ちの方、是非仲間と一緒にサポートしてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております!! m(_ _)m

詳しくはこちら>>>

医療連携講座-大阪南医療センター編-のレポートをお届けします!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年06月01日 10:20 |

皆さん、こんにちは。
くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
今回は、くろまろ塾ブログの第2弾として5月17日開催された医療連携講座(大阪南医療センター編)、テーマ「血管にできるこぶの話~静脈瘤から動脈瘤まで~」をレポートします。
テレビでも医療や健康に関する番組が人気のようですが、くろまろ塾でも医療連携講座は人気が高く今回も200名を超える受講者で大盛況でした。

第一部「静脈瘤について」は、大阪南医療センター 放射線科部長 神納敏夫先生からお話しを伺いました。
皆さん、「IVR」って聞いたことありますか?
最近CTなどによる画像診断が進歩し、切らない手術IVR(Interventional Radiology)が進歩しているとのことです。


なんと大阪南医療センターには、IVRの専門医が4人もいらっしゃるそうです。
国立病院機構でも先駆けで、この4月から低侵襲治療(IVRセンター)が発足され、外来もできたとのご紹介がありました。

さて、静脈瘤ですが、静脈には逆流防止弁がありますが、加齢や機能が落ちて静脈血が逆流すると、血栓やうっ滞が起こってこぶの様に膨らんだ状態の静脈瘤ができます。代表的なのは食道などにできる静脈瘤や足にできる下肢静脈瘤です。


主な治療法は、保存的治療、硬化療法、血管内の治療などがありますが、昔はストリッピング手術が行われる事が主流でした。ただし、皮下出血のため手術後痛むなどの問題がありました。
そこで、最近はレーザー装置で静脈を焼く手術が行われるようになりました。また、より患者さんに優しい非侵襲な最新のレーザー装置(照射波長:1470nm)の応用例を詳しくご紹介いただきました。


第二部「動脈瘤について」は同じく大阪南医療センター 放射線科医長 堺 幸正先生からお話しを伺いました。
皆さん、動脈瘤はこわい病気というイメージをお持ちではありませんか?

では、なぜでしょうか?
動脈瘤とは動脈の壁の弱ったところが伸びて膨らんでコブになった状態です。
動脈には常に血圧が掛かっているため、動脈瘤が破れると出血多量で助からない可能性が高くなるとのことです。
特に大動脈瘤が破裂した場合は特に危険ということでした。また、一般的には自覚症状がないのが、もう一つの怖い点だと言われていました。
ただし、お腹がドクドクして自分で気づく場合が24%程度はあるそうです。
治療については、部位にもよりますが破裂のリスク(動脈瘤が5㎝以上)があれば治療を勧める場合がでてくるようです。
最新の技術では、ステントグラフト(バネ付きの人工血管)を血管内に挿入するIVR(体にやさしい血管内)治療が出来るようになり、その解説をして頂きました。
治療後の経過も非常に良く、患者さんも楽だとのことでした。
身につまされる内容だった為か、講座終了後も多くの受講者が講師の先生方に質問されている光景が印象的でした。

皆さん、今後益々患者にやさしい治療法が進むと嬉しいですね。
ただし何事も、早期発見が大切です。
健康診断や人間ドックを忘れず受けるようにしましょうね。(^_-)-☆


最後に今回も、くろまろ塾運営ボランティアの仲間が、受付のお手伝いをさせて頂きました。
塾生の皆さんもボランティアに参加してみませんか?
詳しくはこちら>>>

こんにちは、くろまろ塾運営ボランティアスタッフです!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年05月13日 09:30 |

皆さん、こんにちは。
はじめてブログ投稿します、くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
これから、不定期でくろまろ塾本部講座の様子をキックスブログでご紹介していきますので、皆さん宜しくお願いします!


さて、今回は、5月11日(木)開催の大阪府立大学連携講座3回目の様子をご紹介します。
講師は、大阪府立大学 大学院工学研究科 有馬正和教授です。先生は水中グライダーなどの海中ロボットを使った海洋環境の調査やモニタリングなどを研究テーマにされており、ご自身も水深40mまでダイビングされた事があるほどの海洋のスペシャリストです。
講座のテーマは「海中ロボットが見守る海の健康」で、世界で活躍する海中ロボットや大阪府立大学で進めてられている水中グライダー(ALEX、SOARER、宙SORA、Tonai60)のご紹介、ノルウェイやアラスカ、北海道羅臼での海洋環境生態系のモニタリングの体験談などについて伺いました。シャチの鳴き声も聞かせて頂きましたが、大きな体の割にはかわいらしい鳴き声に皆さん驚いていました。
クイズも沢山出題されましたので、一つご紹介します。

「問題:世界で一番深いのは、マリアナ海溝のチャレンジャー海淵 水面下10,911mとされていますが、これまで海洋最深部に行った人の数は何人でしょうか?」。
皆さん何人だと思いますか?

回答は、1960年のドン・ウォルシュ(米)、ジャックピカール(スイス)と、2012年のジェームズキャメロン(米)の2回3人とのことです、ご存知でしたか?
因みに、エベレストの登頂者数は公式記録ではないのですが、6,000名以上と言われ、また月面到達者は12名(周回軌道を回った人は24名)と言われていますので、この人数と比べても、どれほど困難なことなのかが想像できるかと思います。

また、ご紹介いただいた府大の水中グライダーの特徴は、青い光が使えるソーラーパネルを使用しているところです。太陽光の届きにくい海中での有り得ないチャレンジに驚きました。当日不参加で詳細を知りたい人は、「府大 水中グライダー」でWEB検索してみてくださいね。

また、これまで私たち海洋民族の日本人でありながら、あまり知らなかった事の紹介が多くあり、ロボットや船舶工学などの専門的なお話にも、塾生たちは現役の大学生かのように興味津々で聞き入っていました。質問も活発に行われ充実した講座になりました。


なお、今回から本部講座については、私たち市民ボランティアが受付など運営のお手伝いをさせて頂くことになりました。その様子もご覧ください。また、今後はボランティアメンバーが、司会などにも挑戦していく予定です。
ご期待くださいね。(^-^;

ブログ内検索

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

過去の記事

ページ先頭へ戻る