HOME > ブログ

ブログ

「人には聞けないおしっこのお話し」講座のレポート

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年09月13日 19:50 |

皆さん、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティアの西岡です。
9月7日(木)、医療連携講座-大阪南医療センター編-「人には聞けないおしっこのお話し」の講座(講師:上島成也先生)を受講しました。


医療連携講座はいつも人気が高く、今回も受講者数約143名の参加があり、関心の高さが伺えました。
日本人は男性も女性もトイレが近くて困っている人はとても多いようです。
皆さんも、「トイレが近い、トイレまで我慢するのが大変」という症状(頻尿、尿意切迫感)や尿意を我慢できずに漏れてしまう(尿失禁)の症状があっても、人に言えずに我慢していませんか?
このような症状の多くは治療で改善できます。「年だから仕方ない」、「恥ずかしい」とあきらめずに、ぜひ一度勇気をだして受診してみましょう。
ひょっとしたら、なにかの病気の初期症状かもしれません。
運が良く、軽い症状だけであれば、お薬だけで、改善することも多いのです。旅行を諦めかけていた人も、行けるようになる可能性がまだまだありますよ。
軽い症状に効果のある骨盤低筋訓練(体操)もご紹介頂きました。

■過活動膀胱について

「過活動膀胱」とは、尿が溜まる前に自分の意に反して膀胱が収縮してしまう症状です。ところがこれは、周囲の人が考える以上に本人にとってつらいものです。
トイレの不安のために外出を控えたり、尿失禁してしまう自分がなさけなく思えたりします。
大きな病気ではないけれども、生活の質が低下してしまうことが、過活動膀胱の特徴です。

先ずは男女共、この1週間のあなたの症状を過活動膀胱症状質問票でチェックしてみましょう。
PDFファイルこちら>>>

判定は、質問3が、2点以上で全体の合計点数が3点以上の場合、過活動膀胱の可能性があります(合計点数が5点以下は軽症、6~11点は中等症、12点以上は重症と考えられます)。

■男性は気をつけたい前立腺肥大
男性で、おしっこの時、残尿感を感じたり、尿の勢いがなくなったりしたら、前立腺肥大を疑ってみましょう。
55歳以上の男性5人に1人(約400万人)の患者さんがいるそうです。
また男性は、50歳を過ぎたら定期的にPSA検査を受けましょう。
血液検査で簡単に前立腺癌かどうかの判定ができますよ。

■女性特有の腹圧性尿失禁と骨盤臓器脱
40歳以上の女性の8人に1人が、腹圧性尿失禁を経験していると言われています。
また、特に経産婦は骨盤低筋が弱くなって、骨盤内蔵の下垂や骨盤臓器脱になりやすいと言われています。
気になったことありませんか?

■結論

おしっこの事で気になったら、「歳のせい」とあきらめず、ひとりで悩まずに早めに医師に相談しましょう。
河内長野市には、泌尿器科を掲げている医院は少ないですが、かかりつけの内科のお医者さんなどに先ずは診ていただきましょうね。

■質問タイム

今回は、受講者の関心も高く、「水分補給の程度」や「ホルモンや栄養との関係」など、個々人によって回答が変わるような質問も続出し、講座終了後も質問攻めの状況でした。
上島先生、大変勉強になりました、有難うございました。


受講者が多かった受付の様子です。沢山のご来場有難うございました。

高野山大学が再登場します!

キックス スタッフ2017年09月03日 11:20 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。

昼間はまだ暑さが残るものの、夜は涼しくなってまいりました。
夜中に鉢植えの水やりをしながら、夏は意外と儚いな・・・と思う今日この頃です。あの暑さは何だったのかと早くも秋の気分。
猛暑猛暑で大変なのですが、過ぎてしまえばあっという間。猛暑猛暑と騒いでいる内に、ものすごい速さで通り過ぎていくような感じでしょうか。

さて、感慨にふけるのはこの位にしまして、そろそろ講座のご紹介を・・・(^-^;


今年の2月から3月にかけて開催し、大好評をいただきました大学連携講座-高野山大学編-が帰って来ます!
今回は「密教」に焦点をあててお届け致します。高野山といえば密教、密教といえば弘法大師。そう思われている方も多いはず。
そんな「密教」を思想と芸術の視点から学んでいただける講座です。
皆さまのご参加をお待ちしておりますm(_ _)m

なお、前回はすぐに定員に達する人気ぶりでしたので、お早目のご予約をオススメいたします!
お申込みはこちら>>>

大人気講座『漢字研究の巨星 白川静の世界』の最終回に参加して来ました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年09月02日 16:00 |


皆さん、こんにちは!くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
8月27日()、「漢字研究の巨星 白川静の世界」の講座(講師:後藤先生、立命館大学大学院教職研究科准教授)に参加して来ました。


最終回も大人気で、午前・午後の部を合せて受講者数約160名の参加があり、今回は日曜日と云うこともあり若い人たちの参加もみられました。また、今回は、甲骨文字が彫られた亀甲や金文の彫られた青銅器の爵のレプリカなどを会場で見せていただく機会に恵まれました。

今回の講座は、午前が『人の一生』、午後が『魔よけの矢を放つ』というテーマの講義でした。
人の一生は生まれることから始まります。
「生」の漢字は、草木の生え出る形から象られたものです。つまり、地面から芽がでて葉を広げようとした形が変化したものです。
一方、人が生まれるときは「産」の漢字が使われます。「産」は旧字体では、「文」+「厂」+「生」で成り立っています。実は「文」には文身(入れ墨)と言う意味があり、「厂」には崖や額の意味があります。
今でも赤ちゃんが生まれると初宮参りの風習がありますが、赤ちゃんのおでこに「大」や「小」の字を紅で書きますよね。
なんと、古い漢字を研究することにより、これらの風習がの3000年前の古代中国でも行われていたことが推察できるのです。


また、昔は生まれたばかりの時は仮に「字(あざな)」を幼名としてつけ、生育の見通しが立つと改めて祖先の霊にお参りし本名を告げる儀式が行われました。それが『名』という字の始まりです。
「字」の漢字の成り立ちを紐解いてみると、そのようなことも解ってくるのです。
さらに、当時は生まれたばかりの赤ちゃんが、すくすく育つのかどうか、生存率が低く不安だった事などが想像できます。
このように、白川静先生の「文字学」を学ぶことは、単に漢字のルーツを知ることだけでなく、漢字が生まれた当時の風習や文化、宗教的呪術的背景なども明らかになるのです。
3000年経って、医学や技術は進歩してきたけれど、人間の営みや感情、本質はほとんど変わってないのだと、漢字の成り立ちを学ぶことで改めて感じました。


さらに、今回は受講者に半透明のトレース紙が配られ、白川静先生が何十年も続けられた古代文字をトレースする追体験にもチャレンジしました。

高齢の受講者から、知ることの新鮮な驚きや楽しさやを改めて知ったとの声も多く聞かれました。
講座終了後に冊子『成り立ちとつながりで学ぶ漢字シート35』が販売されましたが、あっと言う間に完売となり、皆さんの学習意欲にビックリしました。


最後に、今回もくろまろ塾運営の市民ボランティアが受付やアンケート回収など活躍して頂きました。くろまろ塾運営ボランティアの皆さん、お疲れさまでした!! (^o^)/

ただ今、くろまろ塾運営ボランティアを募集中です!! 詳しくはこちら>>>

オープンキャンパスにくろまろくんが登場!

キックス スタッフ2017年08月12日 14:40 |

皆さんこんにちは、キックススタッフです。
河内長野市内にある「大阪千代田短期大学」にて、8月6日()にオープンキャンパスが開催されました。
そのオープンキャンパスで昨年に引続き「くろまろくん」が登場しました!
大阪千代田短期大学さんとは、くろまろ塾本部講座で連携事業に取組んでおり、今回は「地域の生活課題と福祉2」のPRを一緒に行なってきましたので、少しご紹介させていただきます。


近年、大学では入学前の方を対象にしたオープンキャンパスがよく開催されていますよね。
ここ大阪千代田短期大学さんも年10回の開催を予定されており、6回目の今回は「夢をカタチに!~ちよたんの就職指導~」をテーマに開催されました。
朝から入学を考えられている高校生(?)が受付カードに記入しています。


くろまろくんが案内のお手伝い? 邪魔している?
これでは、完全に気が散って集中できませんね(笑)。
この後、大学の全体説明があって「幼児教育コース」と「介護福祉コース」にそれぞれ分かれて体験授業が行われていました。また、キャンパス見学ツアーや学食でランチサービスを受けるなど、皆さん1日学生体験を存分に楽しまれていました。


最後は現役ちよたん学生の皆さんの合唱で締めくくられました。
後方にくろまろくんが写っています。最初は前列にいたのですが、それでは3人くらい学生さんが見えなくなってしまうので、後ろに移動させられていました。(^^)

学生の皆さん、お休みのところお疲れさまでした!
教職員の皆さまも本当にお疲れさまでした。<(_ _)>

くろまろくん、そして運営ボランティアの佐々木さんもサポート本当に有難うございました。
また機会があれば、このオープンキャンパスに参加された皆さまと出会えることを願っております。(^.^)/~~~

食事で伸ばそう!健康寿命

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2017年08月09日 14:45 |

皆さん、こんにちは!
くろまろ塾運営ボランティア広報担当の西岡です。
8月2日(水)、大学連携講座-大阪大谷大学編-「『生きる力』食育と体育シリーズ」の講座が始まりました。
第一回目の講座のテーマは「食事で伸ばそう健康寿命」です。参加してきましたのでレポートします。


講師は大阪大谷大学人間社会学部スポーツ健康学科教授 大喜多祥子先生です。

先ず、皆さんにクイズです。
Q1:たんぱく質10g、脂質20g、炭水化物50gを含む市販食品のエネルギーは、何kcalでしょうか?
Q2:おおよそ何kcalのエネルギーが体内に貯まれば、体重が1kg増えるのでしょうか?
Q3:ナトリウム400mgと書かれた市販食品の食塩相当量は、何gでしょうか?
(回答は本稿の最後に記載)

最近、TVや雑誌で「健康寿命」という言葉をよく耳にすることが増えてきたのではないでしょうか?
日本人の健康寿命は、世界188ヵ国中で、男性71.1歳、女性75.6歳で1位だったとのことです(2013年調べ)。
ただし大阪府は、残念ながら都道府県別では男性70.46歳(43位)、女性は最下位の72.49歳(47位)だそうです。
ちなみに一位は山梨県だそうです。
ではどうしたら、健康寿命は延びるのでしょうか?


先ず、一般的な現代人を想定した対策としては、以下がお薦めだそうです。
①野菜、キノコ、海藻類(不足しがちなカルシウム、鉄、食物繊維が豊富、抗酸化機能を持つ成分も期待できる)
②エネルギー、脂質は適量を!(摂りたい脂質は新鮮な青魚、抑えたい脂質は飽和脂肪酸を多く含む生クリームやスナック菓子、肉の脂身など)
③食塩は少なく!(血圧の高い人は1日6g以内にし、薄味に慣れることを心がけましょう)
④時間栄養学に沿った食べ方で!(ご飯とおかずを交互に、一口30回ゆっくりよく噛んで、3食規則正しく、朝食は抜かないで)

そして、高齢で痩せている人や筋力や活動量の低下を感じられている人は、たんぱく質(魚、肉、乳製品)の多い食品を1品増やすことをお薦めされていました。
家族の方も気をつけてあげると良いでしょう(勿論すでに栄養指導を受けられているような場合は、その指導に従ってください)。

今回の講座は女性に大人気でしたが、意外と男性の参加者も多く、参加者の男女比はおおよそ半々でした。男性も真剣に聴き入っていました。
なお、自分の食事を診断してみたい人は、食品名と重量をメモして、数社から発行されている「食品成分表」や下記文科省の無料サイトで栄養やカロリー計算されては如何でしょうか?
食品成分データベース(文科省)はこちら>>>


最後に、今回もくろまろ塾運営の市民ボランティアが受付やアンケート回収など活躍して頂きました。くろまろ塾運営ボランティアの皆さん、お疲れさまでした!! (^o^)/

クイズの回答:
Q1:約420kcal(4×10+9×20+4×50=420)
Q2:約7000kcal
Q3:約1g(0.4 g×2.54=1.016g)

ブログ内検索

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

過去の記事

ページ先頭へ戻る