HOME > ブログ

ブログ

大学連携講座-桃山学院大学編-を受講しました。

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年06月15日 13:15 |

皆さまこんにちは。くろまろ塾運営ボランティアの村上です。よろしくお願いします。
今回は、大学連携講座-桃山学院大学編-<現代の社会問題について考える>を受講しました。
講座開催日:6月14日(木)10:00~11:30(於:キックス3階大会議室)

写真は講師の平野孝典先生(桃山学院大学社会学部講師)です。
先生は社会病理学、逸脱論の専門家です。自殺に関しても種々研究されています。

講座は「若者のモラルは悪化しているのか?」と題して、福岡県などの高校生の意識調査データなどに基づいた興味深い講座でした。
その一端をブログにまとめました。ご一読いただければうれしいです。

<最近、問題視される若者のモラル>

列車内での大きな荷物の持ち方、狭い通路での「歩きスマホ」などが問題となっています。

<少年による刑法犯の検挙者数は>
検挙者数は下図の通りに年々減っています。
人口10万人当たりの検挙者数;1989年:57.4人、2015年:17.1人
この4半世紀で70%減となっています。

<少年による殺人事件の検挙者数>
この25年では、多少の変動はあっても、ほぼ横ばいと見られます。
1997年頃にやや上昇しているのは、経済不況の影響とみられています。

何年か前、少年犯罪の凶悪化説が取りざたされましたが、短期的な変化を強調し過ぎたのではないかとも考えられているようです。

<高校生の生活価値観に関する調査>

<規範への同調性の調査>

(1)逸脱への憧れ
福岡県の7つの高校に在籍する高校2年生を対象に「社会のルールを守ら
ないことはかっこういいと思うことがありますか?」と、問い掛けました。

1.よくある 2.たまにある 3.あまりない 4.ほとんどない
の4分類で回答を得ました。 4852名の高校2年生が回答。

「よくある」、「たまにある」と答えた高校生は、男女合計で
2001年:25.9%⇒2007年:18.1%⇒2013年:9.7%。
年々、社会の規範から逸脱してみたいと考える高校生が減少していることがよく示されています。

(2)校則への意識

「校則遵守意識」は年々、高まってきていると思われます。
上記の調査より、現代の高校生は社会規範を守ろうとする傾向を強めているように見られています。

その他、高校のタイプの違いによる調査結果の説明もありましたが、紙面の都合で省略させていただきました。

<感想>
先生の「若者の意識・行動は社会の動向を色濃く反映しています。」という説明には大いに賛同しました。特に、近年の不景気が若者のまじめ化を進めているという見方には感心しました。むしろ逆になるのではと思っていましたが、若者の自立を求める心が、これからの日本の力になってくれることを願いたいです。

<ボランティアの皆さんへ>
受付、司会のボランティアの皆さん、お疲れさまでした。

< 受付の皆さん >

< 司会 >

ボランティア入門講座 SDGsとは??

キックス スタッフ2018年06月12日 18:30 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
ボランティア入門講座のお申込みはされましたか?

タイトルは、~世界に活かそうあなたの力を!~

・・・なるほど、少し話が壮大で想像がつきませんが、それが出来たら素敵ですよね!
具体的にどうしたらいいのかわかりませんが・・・。

第一部 講演会は・・・、ん?「SDGsについて」??
・・・・・・なんでしょう、それは??お恥ずかしい話ですが、初めて耳にする単語です。

もちろんボランティアに関係のある単語なのですが、これを知れば先ほど筆者がつぶやいた、「世界に力を活かせたら素敵だけど、具体的にどうしたらいいのかわからない」そんなモヤモヤした気持ちが、岡島先生のお話しを聞いてみると解決できるかも知れません。

第二部のグループワークでは地域で活躍されている団体(企業)の担当者さんとSDGsの17目標について一緒に考えてみます。
SDGsの17目標とは? こちら>>>

皆さんもこの機会に、私たちの身近で起きている諸問題について、地球規模でできる事を一緒に考えてみませんか?

ただ今、参加者募集中です!
「~したいけど、どうしたらいいのかわからない」
こんな気持ちを抱えている方、ボランティアはもうベテラン!な方、さまざまな方のご参加をお待ちしております。m(_ _)m

お申込みはこちら>>>

漢字の世界を探検!

キックス スタッフ2018年06月05日 13:00 |

皆さまこんにちは。キックススタッフです。
蚊の出る季節になりましたね・・・。
筆者宅の軒先には、早くも夏の風物詩、蚊取り線香が揺れております。
さて、夏といえばこの講座。本日は、教養講座-文化編-漢字研究の巨星 白川 静の世界をご案内いたします。

夏の定番となりつつある漢字のお話、今年は親子で参加する講座もご用意いたしました。こちら>>>午前の部
時期もちょうど夏休みにかかる頃です。漢字の世界を探検して、思い出をひとつ増やしてみませんか?

そしてもちろん、毎年受講してくださっている方、より深く漢字の世界を旅したい方はこちら≫≫午後の部

漢字のなりたちを知ると、その時代の様子も少し見えて来るかも知れません。
そこには古代の人々のどんな思いが隠されているのでしょうか・・・。ぜひ、講座でお確かめください!

ただ今、受付中ですので、お申込みはお早めに。
午前の部のお申込みはこちら>>>

午後の部のお申込みはこちら>>>

皆さまのご参加をお待ちしております。 m(_ _)m

来年こそは笑顔で花見ができますように

図書館 スタッフ2018年05月19日 09:00 |

皆さんこんにちは、図書館スタッフです。
河内長野市立図書館では、国民的課題である日本人の拉致問題について、展示をしています。

・展示タイトル 「拉致問題関連資料展示」
・サブタイトル 「~来年こそは笑顔で花見ができますように~」
・展示期間    5月8日から6月の月間

これを機会に手に取っていただけたら幸いです。

特別講演会~睡眠管理で活力のある生活~を受講しました!

くろまろ塾運営ボランティア スタッフ2018年05月15日 17:30 |

皆さまこんにちは、くろまろ塾運営ボランティアの村上です。
二度目の登場です、よろしくお願いいたします。

春になると漢文の授業で習ったであろう中国唐代の詩人「孟浩然」の漢詩「春暁」:『春眠暁を覚えず、処処に啼鳥を聞く、夜来風雨の声、花落ちること知る多少・・・・・』を思い出す御仁も多いことかと思います。

今回は5月10日(14:00~15:30)、キックス・イベントホールで開催された「睡眠」のお話しです。

講師は河内長野市出身の西野精治氏です。長野小学校で学び、大阪医科大学を卒業。1987年より、スタンフォード大学睡眠センターで睡眠に関する病態生理・病因の解明などの研究に携わり、2007年より同大学の教授。
なお、西野氏は河内長野駅前の「西野布団店」の次男さんです。

本講座はそもそも加賀田公民館の方が西野先生の「スタンフォード式 最高の睡眠」を読み、先生が河内長野市出身と知って、加賀田公民館での講演を直接依頼し、快諾をいただいたことが始まりだそうです。そして、講演会開催となると、多数の聴講希望があると予想され、くろまろ塾事務局の河内長野市文化振興財団のサポートを受けて両主催でキックス開催になったということです。
下の写真は、講座の経緯を説明する加賀田公民館池田館長です。

さて、講座テーマは身近な睡眠ですが、医学という学問上の研究なので、普通の人が毎晩寝ることの常識を遥かに超えた夢のような世界の話しでした。
それでも、講師が分かり易く話されたこともあって、睡眠に関係するいくつかのお話しをご紹介出来そうです。

<会場は満員の盛況です>

それでは始めましょう。皆さんは「睡眠負債」という言葉をご存知ですか?
2017年の流行語大賞にも選ばれました。
この言葉はスタンフォード大学教授のWilliam C. Dement氏が最初に提唱されたそうで、「日々の睡眠不足が借金のように積み重なると、ついには心身に悪影響を及ぼす恐れの状態に陥る」ということのようです。

<それでは、睡眠について少しひも解いてみましょう!!>

①日本人の睡眠時間は世界と比べてどうか?


東京(左端)の人の平日睡眠時間(青色)は、外国と比べて最も短い。

②子どもの睡眠時間の推移は?


NHKの調査によると、年を追うごとに小学生(4~6年生)の睡眠時間は短くなっている。

③おとなの睡眠時間の推移は?


子どもと同様に短くなっている。

④睡眠のパターンとは?


ここはちょっとだけ詳しく説明します。本講座のキーポイントだったように感じたからです。
睡眠のパターンには「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があります。
「ノンレム睡眠」; 脳も身体も休息状態にある。
「レム睡眠」; 脳は活動、身体は休息状態にある。
一般的な睡眠は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返します。
さて、「ノンレム睡眠」の中でも、眠り始めの最初の「ノンレム睡眠」は、睡眠全体の中でも最も深い眠りです。
この睡眠は90分続きます。この90分をしっかり眠れば、その後の睡眠リズムも整い、自律神経、ホルモンの働きもよくなるようです。そして、快適な朝を迎えられます。
そこで、西野先生はこの最初の「ノンレム睡眠時間」を「黄金の90分」と呼ばれています。

⑤睡眠障害は身体にどのような影響が?

睡眠障害はずばり生体リズム障害と表裏一体のようです。生体リズムの乱れにより、身体の色んなところに異常が現れます。
次の3枚のスライド画像を参照願います。

<感 想>
睡眠は疲れたから眠るぐらいのものと考えていましたが、身体に休息を与える大切な生体リズムの確保になくてはならないものだと知りました。
西野先生、多岐にわたっての講座、有難うございました。聴講者にとって、睡眠を考えてみるいい機会になったと思います。

ところで、睡眠不足は現代人の生活がなせるものかと思っていましたが、なんと平安の時代から、やんごとなきお方を悩ませていたようです。


<左中段に座っている女性は、不眠症とのことでした。>



<受付・司会のボランティアの皆さま、お疲れさまでした。>

ブログ内検索

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

過去の記事

ページ先頭へ戻る